ビザ

日本人は15日以内の滞在について、基本的にビザは不要。
ただし、16日以上の滞在および特殊な旅行をする者はビザが必要。
なお、渡航目的によってビザの種類が異なるので注意。
一般的な観光の場合は30日間の観光ビザ(Lビザ)。

 


パスポート

パスポートの残存期間は6ヵ月以上が無難。
また、査証欄余白も2ページ以上あったほうがよい。

 


ビジネスアワー

ショップやレストランなどは店によって異なります。以下の時間は目安です。

【銀行】9:00~12:00、13:30~17:00。土・日曜、祝日休み。
【デパートやショップ】10:00~20:00。休日なし。
【レストラン】11:00~15:00、17:00~22:00。春節(旧正月)に休業する店が多い。

 


祝日・祭日

元旦:1月1日。3連休。
春節:旧正月。2013年は2月10日。約7連休。
清明節:家族全員で祖先を祀る伝統的な節日。祝日。2013年は4月4日。3連休。
労働節:5月1日。労働者を祝う日。3連休。
端午節:旧暦5月5日。2013年は6月12日。3連休。
中秋節:旧暦8月15日。2013年は9月19日。3連休。
国慶節:10月1日。建国記念日。約7連休。

 


時差

日本との時差はマイナス1時間(日本の正午は、上海では午前11時です)
サマータイムはありません。

 


電圧・電源

電圧は220V、周波数は50Hz。現地で使用されているプラグの種類は7種類ほどあるが、B型やC型、O型が多い。日本と電圧が異なるため、日本の電化製品を使う場合は変圧器が必要となることが多いですが、100~240Vまで対応可能なデジタルカメラやパソコンはそのまま使用できます。

 


中国の水道水をそのまま飲まないようにしましょう。
ミネラルウォーターも飲むようにしましょう。

 


チップ

中国にはチップの習慣はないので基本的には不要。また、中級、高級ホテルでは
サービス料が加算されるところが多く、そういった場合も不要。

 


度量衡

基本的には日本と同じだが、独自の度量衡も残っている。
1km = 1公里 = 2里 = 1000米
1m = 1米 = 100厘里 = 1000毫米
1kg = 1公斤 = 2斤
100g = 100克 = 2両

 


上海までの飛行時間

東京から上海までの飛行時間 :約3時間
名古屋から上海までの飛行時間:約2.5時間
大阪から上海までの飛行時間 :約2〜2.5時間
福岡から上海までの飛行時間 :約1.5時間

 


国際電話のかけ方

日本から中国への国際電話

(国際電話会社の番号)+ 010(国際電話識別番号)+ 86(中国の国番号)+ 市外局番の最初の「0」を除いた電話番号

(国際電話会社の番号)
KDDI:001 ソフトバンクテレコム:0061 NTTコミュニケーションズ:0033
NTTドコモ携帯:009130 ソフトバンク携帯:0046 au携帯:005345

中国から日本への国際電話

00(国際電話識別番号)+ 81(日本の国番号)+ 市外局番の最初の「0」を除いた電話番号

IPカードの利用

上海では様々な通信会社が、IPカードを発行している。通話料、利用できる環境(固定電話、携帯電話、公衆電話など)、発信可能地域など、条件が異なった様々なカードがある。利用条件のほか、有効期限にも注意しましょう。街中の露店や雑誌スタンドなどで発売されており、100元分のカードでも30元程度で購入できる。いずれも、固定電話と携帯電話の両方が利用でき、日本までの1分あたりの通話料は基本的に2.4元。

【IPカードを使う(中国電信上海IPカードの場合)】
17908(アクセス番号)+ 1 or 2(言語選択)+ Card No.(卡号)+ # + PIN + # + 00(国際電話識別番号)+ 81(日本の国番号)+ 市外局番の最初の「0」を除いた電話番号 + #

  1. アクセス番号「17908」をダイヤル
  2. 言語選択(1:中国語、2:英語)
  3. Card No.(卡号)を入力、最後に#をプッシュ
  4. PIN(密码:パスワード)を入力、最後に#をプッシュ
  5. 相手の電話番号を入力、最後に#をプッシュ

 


郵便

郵便物を扱っているのは郵政(邮政)か郵局(邮局)です。
日本へのエアメールは、はがきが4.5元、封書が5元(20gまで)で大体5〜10日で届く。EMSを使えば日本まで大体2〜4日で届く。(書類が115元(500g以下)物品が180元(500g以下))。郵便局の営業時間は7:00〜19:00のところが多い。

 


在上海日本国総領事館

領事部門

住所:上海市長寧区延安西路2299号上海世貿大厦13階(近 古北路)
電話:021-52574766(代表電話)、021-52574768(ビザ関連の問い合わせ)
時間:9:00〜12:30(入館は12:00まで)、13:30〜17:00
休日:土、日、年末年始、中国の祝日
URL:http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp

総領事館からの情報

在留届

外国に住居又は居所を定めて3ヶ月以上滞在する人は、旅券法第16条により、その地を管轄する日本大使館、総領事館に在留届を速やかに提出するよう義務づけられています。現地に到着し、住所又は居所が決まりましたら、在留届を提出して下さい。また、在留届提出後、転居など在留届の記載が変わったときや帰国する時には、必ず在留届を提出した日本国大使館、総領事館にFAXにて連絡して下さい。

その他諸手続き領事関連情報

 

Loading
地図の中心へ
交通状況
自転車で行く
乗換
Google Mapsルートを検索

 


関連ページ

 


中国元への両替はお済みですか?…無駄な両替手数料をカットしたい方へ


 
現金での中国元の両替って、レートが良くないですよね。そんな無駄な両替手数料をカットしたい方という方は、マネーパートナーズの外貨両替サービスを使ってみるといいでしょう。

マネーパートナーズの外貨両替サービスなら、銀行や空港での中国元両替に比べて、大幅に両替手数料を抑えることができます。口座開設/維持費/管理費はすべて無料なので、外貨両替に活用できるマネーパートナーズの口座を事前に作っておくといいでしょう。詳しくは、公式サイトをチェックしてください。

>> マネーパートナーズの外貨両替・受取サービス