上海で働くには

中国・上海で働く方法は2種類あります。ひとつは「日本採用・駐在員」として働く。
もう一つは、上海現地にある企業と直接雇用契約を結ぶ「現地採用」です。

待遇面や職場でのポジションは「駐在員」の方が明らかによいです。駐在員の給与は、日本から支払われます。また、日本の給与とは別に現地の住居費なども会社持ちとなります。

一方、「現地採用」の場合、給与は、現地法人ベース、現地中国人スタッフと比べれば、だいぶいいですが、「駐在員」との差は大きいでしょう。「現地採用」の場合、キャリアやポジションにもよりますが、大体月給1〜1,5万元(20〜30万円)ぐらい相場になってくるでしょう。

ただ、「駐在員」の場合は、会社が日本に戻れと言ったら戻らなくてはなりません。この点において、「現地採用」の方が自由度が高いでしょう。
 


駐在員として上海で働きたい方

日本採用なので、基本日本で仕事探しをします。まずは、できる限りネットなどを活用して情報収集しましょう。

ただ、人気の求人などは、非公開求人になっていて、これらは転職エージェントが扱っています。
これら非公開求人を紹介してもらいたいという方は、転職エージェントも活用するといいでしょう。

リクルートエージェント」なら、業界最大手なので、求人数も多く、海外勤務、海外駐在の求人もありますよ。

【参考サイト】中国・上海駐在員の求人情報と探し方について

 


現地採用として上海で働きたい方

現地採用の場合、上海現地にも日系の人材紹介会社があるので、活用してみるといいでしょう。
以下に主な日系人材紹介会社を紹介します。

インテリジェンス中国(英創人材)
日本でもおなじみ「インテリジェンス」。中国・上海にオフィスを構え、上海をはじめ、中国国内の転職・求人紹介を行っています。

RGF HR Agent
リクルートHDの中国法人。こちらも中国・上海にオフィスを構え、トップエグゼクティブから、シニアマネージャー、幹部職、第二新卒まで、幅広い求人を扱っています。

なお、中国・上海で働く場合、「就業ビザ (Z Visa)」が必要となってきます。ビザ申請の際、求められるのが、大卒、職務経歴2年以上です。ただ、条件に満たしていない方でも、就労ビザが下りて、上海で働いているケースもあります。詳しくは、人材紹介会社に聞いてみるといいでしょう。